スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
揚羽蝶
2009/09/06(Sun)
 9月に入って、風はめっきり秋めいてきました。

 IMG_1345_1.jpg

 このごろ四季の森ではアゲハチョウをよく見かけます。
 じゃぶじゃぶ池の淵で吸水するモンキアゲハを観察していると、そこへカラスアゲハも
 舞い降りてきました。

 
 IMG_1352_1.jpg


 モンキアゲハのすぐ隣りにとまって吸水をはじめたカラスアゲハ。

              IMG_1332_1.jpg

 こんなふうに二頭並ぶ姿は、ちょっとめずらしいと思いません?


         IMG_1413_1.jpg

 絶えず翅を羽ばたかせながら吸水するカラスアゲハ。深緑色に輝く翅が美しい。



 そして、このアゲハチョウは何でしょう?。


 IMG_1459_1.jpg



             IMG_1467_1.jpg

 翅の表と裏の紅い紋、下翅は鮮やかな紫とグリーン、、、カアスアゲハの♀でしょうか??




 IMG_1496_1.jpg

 コスモスが咲きはじめ、なんとな~く秋らしさが漂いはじめた四季の森です。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
夏を舞う蝶  その2
2009/08/17(Mon)
 カラスアゲハを見つけたおなじ場所で、つぎに出会ったチョウはアカボシゴマダラでした。
 ふわりふわり、ゆるやかに飛ぶ様子はアサギマダラに似ています。


 IMG_1019_1.jpg


 アカボシゴマダラは後翅の縁に鮮やかな赤い斑紋があり、ゴマダラチョウに擬態しているといわれ、
 日本では奄美大島とその周辺にだけ固有の亜種が見られたのが、1995年以降に突然関東で
 見つかり、その後定着、分布を広げていうようですが、これらは大陸の亜種で、人為的に放された疑い
 があるということです。



 IMG_1041_1.jpg






 アカツメクサの原っぱには、ヒメアカタテハがいました。

 IMG_1002_1.jpg


                        IMG_1003_1.jpg

 すばっしっこく飛ぶチョウで、思ったようなカットが撮れません。。





 翌々日の夕方、こんどはモンキアゲハに出会いました。

 IMG_1088_1.jpg

 じゃぶじゃぶ池の上をゆっくり飛翔していたので、吸水に降りてくるかなと見ていたら、
 池のわきにあったクサギの花にとまりました。
 高さのある木なので寄ることもできずじまいでしたが、後翅の特徴ある薄黄色の紋はモンキアゲハです。
 日本最大級のチョウといわれるだけに大きいです。
 


                             IMG_1084a_1.jpg

 絶えず翅を羽ばたきながら吸蜜するモンキアゲハ、かわいそうに右の尾の突起がちぎれ
 翅もボロボロでかなり傷んでいて、気のせいか弱々しく見えました。






 蛍川橋のたもとには、元気に飛びまわるルリタテハがいました。

 IMG_1060_1.jpg

 美しいブルーのラインと白紋が黒い翅に映えます。
 ねぇ、綺麗でしょ、、、と翅を広げて見せるようにしてとまるルリタテハ、
 蝶の翅はそれぞれに個性的で、デザインや色も美しく、出会うたびに魅了されてしまいます。

 
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
夏を舞う蝶
2009/07/22(Wed)
  ポトリ、ポトリと、ノウゼンカズラの花が落ちては地面に散らばっていきます。

  IMG_0526_1.jpg



  ねむの木を見上げていたら、

               IMG_0520a_1.jpg


  そこへひゅ~んとナガサキアゲハが飛んできて、ぐるぐるとあたりを旋回した後、地面へ降りてきました。


  IMG_0484_1.jpg

  後翅は破れてボロボロ、吸水しているときもヨロッと傾いたりしていました。
  とても疲れているみたいでしたが、吸水中も翅を小刻みにパタパタと羽ばたかせ、
  落ち着かない様子で、長いこと地面をあちこち移動していました。


  IMG_0499_1.jpg




  ノウゼンカズラの吸蜜に夢中。。       IMG_0969_2x_1.jpg




  カラスアゲハにはじめて出会いました♪
  とてもとても美しい色の翅をもつチョウでした。
  しかし、長いことがんばってみたのですが、
  その美しい翅を広げたところを、写真に撮らせてもらえませんでした。(:_;)


  IMG_0639_1.jpg

  水たまりで吸水するカラスアゲハ。やはり忙しく翅をパタパタさせながらです。


  IMG_0634_1.jpg

  スタイリッシュな姿形、美しい翅、魅了されてしまいます。。
この記事のURL | | CM(4) | ▲ top
揚羽蝶
2009/06/15(Mon)
  IMG_9543_1.jpg
 
  夏椿が、涼しげな花を咲かせています。


               IMG_9851_1.jpg

               たくさん蕾をつけているので、しばらく花が楽しめそうです♪
               黒揚羽が蜜を吸いにやってきましたが、
               木の上の方で吸蜜していて、写真が撮れませんでした。







  クロアゲハをあきらめ、森を歩いていたら、キアゲハに出会いました。

  IMG_9570_1.jpg

  翅をパタパタさせながら蜜を吸っては、花から花へと、忙しく飛びまわります。




               IMG_9568_1.jpg






              IMG_9558_1.jpg

              後姿もかわいいですね♪






  IMG_9537_1a_1.jpg

  こちらはナミアゲハ、四季の森ではいま、毎回チョウに出会うことができて、散歩が楽しいです♪
この記事のURL | | CM(2) | ▲ top
モンシロチョウ 君は美しい~
2009/06/09(Tue)
  IMG_9471a_2.jpg

  ハクチョウソウ白蝶草)にとまるモンシロチョウ
  白い蝶が飛んでいる姿に似ていることから名前がついたハクチョウソウ、
  その白い蝶とは、きっとモンシロチョウのことですよね。



                       IMG_8918_1.jpg

  ハクチョウソウですが、明治の中頃に日本に入ってきた帰化植物で、原産地は北アメリカの
  ルイジアナ州やテキサス州ということです。 映画で見たかぎりですが、あのへんで風に吹かれて
  そよいでいる姿が、サマになる花だなぁと思います。
  アカバナ科で、花の色が紅いのもあり、アカモモソウという別名があります。






  

                IMG_9491a_1.jpg 

  白い花に白い蝶、お似合いでしょ?

  花は、オカトラノオです。                 IMG_9504_1.jpg
  垂れさがる花穂を、虎の尾に見たてた名前で、
  穂にびっしり花をつけ、風にゆれている姿が印象的な花です。


  IMG_9486_1.jpg



  ちょうちょの代名詞といってもいいくらい、誰でも知ってるモンシロチョウ。
  どこでも見られるチョウだから、たいして気にもとめないと思いますが、しみじみ見ると
  なかなか美しい蝶です。数の多さでソンしているというか、、、ですね。



         IMG_9472_1.jpg
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。