スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
春の兆し
2013/02/10(Sun)
IMG_9540a_1.jpg

立春を過ぎると、冷たい北風にもわずかに春めく気配が感じられます。
雑木林の林床にポツンと一輪、セツブンソウが開花しました。

待ちわびた春の妖精 IMG_9541_1.jpg
繊細なつくりの小さな白い花を見つけたとき
春の便りを手にしたようでうれしかった、、。
小さな小さなつぼみもいくつか、、、また来るのが楽しみ♪







IMG_9517_1.jpg

紅梅も咲き始めました。
グレーな景色に愛らしい彩りを添えてくれる IMG_9517a_1.jpg
紅梅の初々しさったらありません。






冬枯れの林で IMG_9528_1.jpg
ひときわ明るさを放っているのはマンサク



IMG_9532_1.jpg



IMG_9533a_1.jpg 赤褐色の咢と細いリボン状の花弁
なんだか錦糸卵みたいな花弁ですね~



花弁が褐色のアカバナマンサク IMG_9526_1.jpg








IMG_9537_1.jpg

そして~、はす池の縁には冬のコートを脱いだネコヤナギが
シルバーグレイに輝くふわふわのスプリングコートに着替えて登場。



IMG_9537a_1.jpg 春本番となるまでまだまだ寒く、
雪のちらつく日もあるでしょう。でもでも、花たちは健気に春を知らせてくれます。






誰かさんの似顔絵プレゼント IMG_9507_1.jpg
またとないチャンスだから、描いてもらったら?!
遠くからいらしたおかあさんと女の子に、おすすめしました。


IMG_9506_1.jpg

様子を見に寄ってみると~ ニコニコ楽しそうなおふたりさん
いいおみやげができてよかったね。。


この記事のURL | 自然観察 | CM(0) | ▲ top
ロウバイの香りほのかに
2013/02/04(Mon)
R0011995_1.jpg

ロウバイ(蝋梅)が見頃を迎えています。



R0011996z_1.jpg

冷たく澄んだ空気が鼻先をかすめて通り過ぎるとき
ふわっと甘い香りを運んできます。




まだ、葦原には R0011997_1.jpg
雪が解けずに残っていたりしていますが
暦は立春、陽射しはぐんと春めいてきました。







いま、四季の森公園で開催中の R0011987-01 dare_1
「だれかさん展」

R0011986_1.jpg

すてきな油絵と、だれかさんが描く似顔絵プレゼントやってます。
じつは、、私も描いてもらいました♪
はじめて描いてもらった似顔絵、他人がイメージするする自分って
こんなふうなんだ~って、写真とはまた違うよさがありますね。


R0011985-01 だれかさん_1





この記事のURL | 自然観察 | CM(0) | ▲ top
黄に色づく葉の晩秋
2012/11/28(Wed)
11月下旬、ケヤキの黄葉がきれいです。IMG_8707_1.jpg 



IMG_8761_1.jpg



IMG_8699_1.jpg




ぼうぼうに伸びていた IMG_8708_1.jpg
アシが刈り取られ、こざっぱりしたしたアシ原には、


IMG_8712_1.jpg キセキレイと、



IMG_8737_1.jpg ハクセキレイが、餌を探しながらお散歩中。




IMG_8747_1.jpg

カワセミの撮影スポット、池の周囲はグリーンからイエローに変わり、
向かいの南京ハゼが日毎に色づきを増しています。

カラフルに紅葉するナンキンハゼ IMG_8744_1.jpg




石垣を白く覆うリュウノウギク IMG_8750_1.jpg



葉の形がキクらしくない IMG_8748_1.jpg
キク科のツワブキ(石蕗)つやのある葉、ツヤブキが転じてツワブキになったとか、。




IMG_8704_1.jpg    IMG_8695z_1.jpg

ヒマワリが咲いていたところにはコウテイダリアが背を伸ばし、
さくらの谷では、目立つことなくひっそりとフユザクラが花を咲かせています。





IMG_8757_1.jpg

カエデ類はまだ青葉の木がほとんどですが、この一本だけ美しく色づいていました。
オレンジ色の紅葉がきれいなコハウチワカエデ。
真っ赤なもみじが見られるようになるのは12月に入ってから、、、もうすぐです。


この記事のURL | 自然観察 | CM(0) | ▲ top
ちいさな秋
2012/11/21(Wed)
IMG_8356_1.jpg

どこからともなく、金木犀のいい香りが鼻先をくすぐる10月中旬、
よく見ると、道のあちこちに金木犀の木があります。


・ソバの花が見ごろです
公園の掲示板に書かれているのを見て、行ってみると、

IMG_8345_1.jpg

四季の森のはずれにある公園の一角は、白いソバの花で埋まっていました。


IMG_8342_1.jpg




この日、幼稚園の園児たちがどんぐり拾いに来ていました。

IMG_8336_1.jpg

手に々ビニール袋を持った園児たちは賑やかに尾根道を登ったり歩いたり、
「もうすぐ、どんぐりがいっぱい落ちているところがあるからね」
先生が園児たちに呼びかけます。
そして尾根の平らなところまで歩いて、いっせいにどんぐり拾い。
園児たちは夢中になってどんぐりを拾っては袋の中へ。
シンプルな作業だけど、子どもにとってはすごく楽しいことなんですね。
そばを通りかかった私に、園児たちが次々に、
「こんなにとれた!」と興奮気味に袋の中身を見せにくるんです。
私もひとりひとりどんぐりの袋を見ては、
「わぁ、よかったね!」「スゴイね!」を連発。
どの子もみ~んなピュアでかわいい



IMG_8354_1.jpg

尾根道を下っていった斜面に咲いていた IMG_8353_1.jpg
ツクバトリカブト。猛毒性ですが、花は美しい。





IMG_8360_1.jpg

帰りがけにコスモスの花を撮っていると、
4歳くらいの男の子が、「きれいなお花ね」と話しかけてきました。


IMG_8362_1.jpg

そこへもうひとり男の子がやって来て、ふたり仲良くコスモスを見つめて~
微笑ましい秋のワンシーン。


傾きだした陽射しに IMG_8369_1.jpg
はにかむように輝くコスモス、小さな男の子たちのハートをつかんだよ。。

この記事のURL | 自然観察 | CM(0) | ▲ top
暑さ寒さも、、
2012/09/27(Thu)
暑さ寒さも彼岸まで、、の、言葉どおり涼しくなりました。

IMG_7720_1.jpg

つい先日までは、木陰を選んで散歩していましたが、秋風に変わったいまは
そんなこともなくなりました。



森で見かける花も IMG_7717_1.jpg
少なくなって、目立つのはツルボ。道端でもよく見かける花です。


優しい色あいが、秋らしいですね。IMG_7717a_1.jpg







これは夏に咲いていたマヤラン R0011830a_1.jpg
秋にもう一度咲くというので探してみましたが、影も形なくて、、。
まだ早すぎるのかな??





IMG_7263a_1.jpg 前回登場のフジカンゾウですが、


おもしろい形のタネになっていました。 IMG_7724_1.jpg







IMG_7746_1.jpg

森のあちこちで咲きだしたマンジュシャゲ(曼珠沙華)、ここは赤花より白花が多いです。


IMG_7727_1.jpg

「彼岸花」の他に「死人花」「幽霊花」と、おどろおどろしい別名をもつマンジュシャゲ、
ところが不吉な名とは裏腹に、飢饉の時は人々の食糧となり、畦道や土手が崩れるのを防ぎ、
雑草抑制の役割を果たしと、大いに人間に貢献している。
中国揚子江付近を原産地とする、種子を持たないマンジュシャゲがここまで増え続けたのは
その昔、人々の暮らしになくてはならない花だったのでしょう。



この記事のURL | 自然観察 | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。